Message

卒業生からメッセージ

写真

理学療法学科(2019年3月卒業)

藤川 夏海さん(岡山県立岡山南高等学校出身)

岡山リハビリテーション病院 リハビリテーション部 勤務

練習を積み重ねた技術を、
臨床で生かして。

 身体機能向上のためのリハビリはもちろん、病気や事故の影響で、それまでとは違う自分を生きることになった患者さんの気持ちに寄り添うことも、理学療法士には求められます。学生時代の実技試験では、患者さんへの傾聴や共感の姿勢、評価や治療といった技術の練習を繰り返し行いました。その経験が臨床の現場で直接生かされていると実感しています。

写真

作業療法学科(2019年3月卒業)
川相 里緒さん(広島市立舟入高等学校出身)
倉敷リハビリテーション病院 リハビリテーション部 勤務

資格取得の勉強を通して
人間的にも成長

 3年制のため、当時は勉強が忙しかったですが、先生方の熱心な指導の下、仲間と目標に向かって充実した毎日を送ることができ、人間的にも成長できました。作業療法士として、治療内容や関わり方に悩むこともまだありますが、患者さんが以前の生活に少しでも近づくことができるよう、アドバイスをいただきながら向き合っています。

写真

理学療法学科(2017年3月卒業)
眞鍋 良太さん
(香川県立高松西高等学校出身)
川崎医科大学附属病院リハビリテーションセンター勤務

人間性まで育ててくれた
学院の先生方に感謝

 急性期や回復期の患者さんを担当しているので、退院前の患者さんから「おかげで家に帰れるようになったよ、ありがとう」と声を掛けられると自分のしてきたことが報われたような気持になります。本学院は学生数が少ないのでみんな仲が良く、熱心で細やかな指導やサポートを受けられるのも大きなメリットです。講師の方は全員現役のセラピストで、知識や技術はもちろん人間性も学ぶことが多かったです。

写真

作業療法学科(2017年3月卒業)
橋本 美生さん
(広島県立三原高等学校出身)
川崎医科大学附属病院リハビリテーションセンター勤務

充実した最高の
学生生活を送ったから今がある

 1日10~12人の作業療法を行っています。まだ1年目なので自分の知識や技術不足を感じていますが、先輩や先生方にアドバイスをいただきながら頑張っています。学院での3年間、多忙な日々を過ぎしていましたが、グループで協力する機会が多かったせいかクラス全員が団結していたので、振り返ると良い思い出ばかりで最高の学生生活でした。きっと充実した時間になると思いますよ。

Campus Guide 2021

資料請求をお申込みいただいた方には、最新のキャンパスガイドをお送りします。

資料請求申込みフォーム

デジタル版

詳細はこちら
オープンキャンパス
申込フォームへ
資料請求