MENU
MENU

教育課程(授業科目)
/ 理学療法学科

1年次

一般教養と人体に関する基礎知識、リハビリテーションの理念、理学療法の概論を学習します。身体の運動を観察・理解する上で基礎となる知識を学びます。また、教員に1・2名の学生がつき、附属病院リハビリテーションセンターにて教員が患者さんに理学療法を実施する場面を見学する実習を行います。

  • 基礎分野

    統計学

    生物学

    医学英語

    総合科学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    運動学序論

    臨床心理学

    生命倫理学

    保健体育実習

  • 専門基礎Ⅰ

    解剖学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    解剖学実習Ⅰ

    生理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    運動生理学

    神経生理学

    運動学

    人間発達学

  • 専門基礎Ⅲ

    リハビリテーション概論

    作業療法概論

    言語聴覚療法概論

  • 専門分野

    理学療法概論

    基礎理学療法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    基礎理学療法演習

    評価学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    評価学基礎実習

    日常生活活動学

    地域理学療法学Ⅰ

    臨床実習Ⅰ

  • 臨床実習Ⅰ

  • 評価学基礎実習

  • 触診

2年次

理学療法を実施する上で必要な、運動療法や物理療法などの治療手段や義肢装具・車椅子などの知識についても学びます。また、各種疾患についての病態・症状などの臨床医学、疾患別の理学療法について学びます。
教員が担当する患者さんに対する評価・治療を行う実習を行い、机上の学習を実際の臨床と結びつけ知識・技術の習得を目指します。

  • 専門基礎Ⅰ

    解剖学実習Ⅱ

    生理学実習

    運動学実習

  • 専門基礎Ⅱ

    病理学

    リハビリテーション医学Ⅰ・Ⅱ

    神経内科学Ⅰ・Ⅱ

    整形外科学Ⅰ・Ⅱ

    精神医学Ⅰ・Ⅱ

    脳神経外科学

    内科学Ⅰ・Ⅱ

    一般臨床医学

    公衆衛生学

    小児科学

    老年医学

  • 専門分野

    臨床運動学

    運動療法学

    運動療法基礎実習

    治療学Ⅰ~XⅠ

    物理療法学

    治療学実習

    日常生活活動学実習

    義肢装具学

    地域理学療法学Ⅱ・

    臨床実習Ⅱ

  • 運動学実習

  • 臨床実習Ⅱ

3年次

学内で習得した内容をもとに、実際に病院や施設で、1施設につき8週間の臨床実習を計3回行います。これにより理学療法士としての基本的知識・技術、専門職に従事する者としての態度や資質を身につけます。実習終了後は、卒業試験・国家試験に向け学習します。

  • 専門分野

    臨床実習Ⅲ

    臨床実習特論

  • 臨床実習Ⅲ

  • 臨床実習Ⅲ

  • 臨床実習Ⅲ

電話でのお問い合わせ
TEL086-464-1179
問い合わせは
こちら
学院見学の
ご予約はこちら