理学療法学科 Physical Therapy

変化する時代に選ばれる理学療法士を育てる。
他に類を見ない教育環境で、知識・技術や倫理観を備えた、臨床力の高い理学療法士を養成します。

理学療法士

 理学療法は、主に身体に障がいのある方に対して、運動や温熱・電気両方、義肢・補装具などを駆使し「起きる」「立つ」「歩く」などの日常的な動作能力の再獲得や維持のための治療を行います。
 障がいを持つ方に限らず、健常な高齢者の健康管理・身体機能保持への関わりや、スポーツ選手がより高いパフォーマンスを発揮するための介入など、対象となる分野は多岐にわたります。
 よりよい治療を提供するために、理学療法士には解剖学・運動学などを基盤とした身体の運動に関する幅広い知識の習得が認められます。充実した講義や実習を通して、医療・福祉をはじめとする広い分野で活躍する人材を育成します。
理学療法士の紹介動画

学びの特色

病院と直結した環境。病院職員として臨床業務を行う教員
リハビリテーション学院の校舎はまさに病院内。階下には川崎医科大学附属病院のリハビリテーションセンターがあります。教員は現役の理学療法士でもあります。
教員紹介

充実した実習と学習環境
学生は1年次から医科大学附属病院で臨床実習を行います。また、隣接する川崎学園各校の図書館や体育館なども利用でき、理想的な教育環境となっています。

高い国家試験合格率。しかも安い学費
開学以来40年以上に渡って、国家試験の合格率は非常に高い水準です。就職率も100%。しかも学費は全国的に見てもトップクラスの安さ。高水準の教育をリーズナブルに。

充実した実習で知識・技術と人間性を兼ね備えた理学療法士に

 理学療法(Physical Therapy:PT)は、身体に障がいのある人に対して、主に基本的動作能力の再獲得を目指して、運動療法、物理療法、日常生活動作練習などを行います。また、障がいを持つ方に限らず、様々な年齢の方に対する健康管理・身体機能維持への関わりや、スポーツ選手がより高いパフォーマンスを発揮するための支援など、対象となる年齢・分野は多岐にわたります。

 より良い治療を提供するために、理学療法士には解剖学・運動学などを基盤とした身体の運動に関する幅広い知識の習得が求められます。3年間の講義および充実した臨床実習を通じて知識・技術の習得だけでなく、様々な背景を持った患者さんと適切な関係を作る上で求められるコミュニケーション能力や相手の心情に共感できる感性など豊かな人間性を持った理学療法士の養成を目指しています。  

一般教養と人体に関する基礎知識、リハビリテーションの理念、理学療法の概論を学習します。身体の運動を観察・理解する上で基礎となる知識を学びます。また、教員に1・2名の学生がつき、附属病院リハビリテーションセンターにて教員が患者さんに理学療法を実施する場面を見学する実習を行います。

理学療法を実施する上で必要な、運動療法や物理療法などの治療手段や義肢装具・車椅子などの知識についても学びます。また、各種疾患についての病態・症状などの臨床医学、疾患別の理学療法について学びます。
教員が担当する患者さんに対する評価・治療を行う実習を行い、机上の学習を実際の臨床と結びつけ知識・技術の習得を目指します。

学内で習得した内容をもとに、実際に病院や施設で、1施設につき8週間の臨床実習を計3回行います。これにより理学療法士としての基本的知識・技術、専門職に従事する者としての態度や資質を身につけます。実習終了後は、卒業試験・国家試験に向け学習します。

〒701-0192 岡山県倉敷市松島672 電話:086-464-1179 FAX:086-464-1108
(C) Kawasaki Junior College of Rehabilitation

Campus Guide 2020

資料請求をお申込みいただいた方には、最新のキャンパスガイドをお送りします。

資料請求申込みフォーム

デジタル版